MENU
「ありがとう、すごく助かったよ」の言葉。
お客様のお役に立てたことが実感でき、
モチベーションが上がります。
K.W.さん
ICTソリューション部 ICT千葉センター 第2課
平成20年度入社
工学部 応用化学科 卒業

Q1 入社年度と専攻について
平成20年度入社
工学部 応用化学科 卒業
生物化学の研究室で、遺伝子の二重螺旋構造を分子材料として応用するための基礎研究を行いました。パソコンで触ったことがあるのはWord、Excel程度。自分がプログラムを組めるのか最初は不安でしたが、入社して新人研修やOJTで、自分のレベルにあった学習ができシステムを理解し、プログラムを組めるようになり不安が解消されていきました。
Q2 就職活動を振り返って、そのときの様子と、入社の動機について教えてください。
卒業研究の論文作成で慌ただしい中での就職活動でした。人の役に立つモノづくりがしたいと思い、IT業界を目指しました。お客様先での仕事だけでなく、自社開発も行っており、さまざまなことにチャレンジできると思いNID・MIに入社しました。
Q3 入社を決めたとき、ソフトウェアについて、どのような将来性を感じましたか。
パソコン、スマートフォンといったハードの性能が向上しており、その上で動くソフトウェアについても、これからの”のびしろ”が非常に大きいと感じました。「こんなことができるようになれば」と普段思うことが実現していけるのではないかと感じました。
Q4 現在の仕事について、具体的に教えてください。
自治体向けソフトの開発、保守を行っています。複数ある業務から、共通的に使用する業務画面を担当。画面の設計からテストまで全般的に作業を行っています。
Q5 入社後、新たに発見した事や、 冷や汗をかいた経験など、教えてください。
一つのシステムを作るのに、想像以上に多くの人が関わっていたことです。その中に自分も加わるのだと思い、身が引き締まる思いでした。
Q6 これまでに仕事をしてよかったなと思えるエピソードは?
お客様に調査案件の結果をお渡しした際に「ありがとう、すごく助かったよ」と感謝の言葉をいただけたことです。お客様のお役に立てたことが実感でき、こちらのモチベーションも上がりました。
Q7 仕事や会社生活の中で、上司や先輩たちとのコミュニケーションはいかがですか。
コミュニケーションは円滑だと感じています。外勤の社員が多い中、他の職場の先輩方と一緒に飲みに行くことも多いです。会社全体のイベントも定期的に行われており、コミュニケーションを取ることのできる場が多くて良いと思います。
Q8 現在、仕事のやりがいは何ですか。
自分の作ったプログラムをお客様に使っていただいているという事です。プログラムや業務の知識を習得し、少しずつできることが増えてきたと感じられることも、やりがいだと思います。
Q9 これからやってみたい仕事や抱負について、教えてください。
「より良いモノづくり」を目指していくことです。使う人がどんなシステムを求めているのかを考え、自分ができることに最大限にチャレンジして、良いモノ、品質の高いモノづくりしていきたいです。
Q10 休日の過ごし方は?
家でゆっくりとすることが多いですが、美味しいお店探しもしたりしています。友人とバーベキューをしたり、スノーボードに出かけたりすることもあります。
Q11 入社前に不安に感じていたことは?その不安は入社後どうなりました?
理系の学部にいたとはいえ、パソコンで触ったことがあるのはWord、Excel程度でした。自分がプログラムを組めるのかという不安が一番大きかったと思います。入社して新人研修やOJTを経る過程で、自分のレベルにあった学習をさせていただけました。その結果、自分が業務で携わるシステムについて理解し、プログラムを組むことができるようになったことで不安が解消されていきました。
Q12 最後に、NID・MIを一言で言うと・・・。
やりがいが見つかる会社です。

先輩社員インタビュー

お問い合わせ