会社情報

企業理念

【理念】企業の存在意義 【ビジョン】近い将来、目指すべき姿 【信条】時代を超えて不変な企業の価値観 【経営基本方針】理念をもとに、会社を取り巻くステークホルダーに対する基本姿勢を表明したもの 【行動基準】基本方針で示したステークホルダーに対してどのような考え方/態度で行動するかを定めた指針

理念

ヒューマンウェア 人が真ん中のしあわせな社会を知恵と技術で拓いていきます。 多くの人が「こうあってほしい」と願う世界を実現するために、知恵と情熱をもって技術開発にいそしみます。人に寄り添う、ぬくもりの感じられる情報技術は、人の社会のしあわせを生み出すを信じて。

ビジョン

新しい発想から、うれしい答から、輝かしい未来を。 価値観や文化が異なっていても、一人ひとりが満足でき、スムーズにコミュニケーションを取り合える未来。多種多様な個が豊かに混在でき、同じ時代をしあわせに過ごせる世界。そのような社会を支えるのは、今はまだない新発想の情報技術です。わたしたちは、しきたりや常識や枠になど縛られず、自由かつ独創的に考え、ときには思い切った挑戦もします。今まで培ってきた知識と技術を発展進化させ、誰にとってもうれしい答を出し続けていきます。

信条

つねに、よいものを創るためわたしたちの3つの信条 1 お客様は笑顔になっているか? わたしたちは、お客様の立場になって考え、満足していただく会社です。期待を越え、予想を上回ったとき、お客様はどのような顔をされるでしょう。 2 のびのびと働いているか? わたしたちは、個性を大事にする会社です。新しいことに興味がわき、学びたいとき、どんな働き方をするべきでしょう。 3 たのしみながら結果を出しているか? わたしたちは、質の高い仕事をしなければならない会社です。知識や技術を磨き、つねに挑み、自分らしく働くには、どんな心がけが必要でしょう。

経営基本方針

「ヒューマンウェア」という企業理念のもと、事業を通じお客様に喜んでいただき、会社と社員が豊かになり、すべてのステークホルダーとより良い関係を築いてゆく。そのような、ともに成長していく好循環を生み出してまいります。

〈ステークホルダーとの関係〉
〈好循環のイメージ〉

重点方針

1 顧客志向の徹底 お客様が笑顔となってくださる。そのような成果を出すためにNIDグループ全体がひとつのチームとなります。お客様の満足のために発想し行動します。 2 最終現場への意識の徹底 仕事は最終現場での実行が何よりも大切。そこに至るまでの各現場で様々な部署がサポートしあい、一人ひとりがチームNIDであることを意識して働きます。 3 自ら学ぶ意識の徹底 自ら技術を磨き、知識を高める人をNIDグループは重視します。新しく得たことを共有し、学び合い、社員みんなが成長することで会社も成長していきます。

行動基準

顧客NIDグループは、品質を第一に考え、常にお客さまの期待に応える魅力のあるシステム、サービスを提供します。お客様の期待に真摯かつ誠実に応え、さらに満足していただけるよう努めます。

1. 全社意識「品質を支えるのは全社員/社内でも自分以外は皆お客様」

「品質を支えるのは全社員」という考えのもと社員一人ひとりが常に品質を第一に考えます。また「社内でも自分以外は皆お客様」という考えを徹底します。常に全社員がお客様との繋がりを意識し、お客様の視点に立って真摯かつ誠実に業務を遂行することを心がけます。

2. 品質第一

お客様から高い評価と信頼を得られるよう、国際規格に基づく品質マネジメントシステムを社内で策定し、継続的な維持・改善を行いながら、品質確保への取組みを実施します。

3. お客様視点

品質はお客様が認め納得してくれてこそのもの。お客様の視点に立って、お客様の求める真のニーズを迅速かつ的確に把握し、信頼され満足いただけるシステム、サービスを提供します。また、お客様からの声に耳を傾け、満足度の高いシステム、サービスの提供が実施できているかを常に確認し、顧客満足度の向上につなげます。

4. 技術力

環境の変化に的確に対応すべく、常に技術力の向上と技術基盤の整備に努めます。また、蓄積された技術と技能の継承に努めるとともに、新しい発想に基づく研究開発を積極的に推進します。

5. 情報セキュリティ

お客様から提供された個人情報、営業秘密などの情報資産は、NIDグループ情報セキュリティ方針に従って適正かつ厳重な管理を行います。

6. 節度ある関係

お客様へ社会常識を超えた接待や贈答などは一切行いません。また、個人的な利害関係は持ちません。

社員NIDグループは、社員の多様性や個性を尊重し、安心して働ける職場環境を整備し、コミュニケーションを重視した活き活きした組織をつくります。

1. 公平・公正な評価と処遇

「公平・公正」を人事評価の原則とします。挑戦、貢献、育成を高く評価し、失敗を責めず、短期的な数値での評価はしません。会社が期待する役割に応じた透明性の高い評価および処遇を行い、安心して働ける職場環境をつくります。

2. 人材育成重視

それぞれの職場で学びの環境を創るとともに、社員としての基本的な心構え/技術や知識を学べる環境を提供します。また、自ら技術を磨き、知識を高める主体的かつ意欲的な社員を育成するために、自己啓発を積極的に支援します。

3. ワーク・ライフ・バランス

社員一人ひとりの仕事と生活の調和を図ることが、生産性の向上およびモチベーションアップにつながるという考えのもと、育児や介護などを担う社員を支援するワーク・ライフ・バランス推進に取り組み、働き方の多様化を支援します。

4. ダイバーシティ推進

多様な人材が尊重しあい、それぞれが最大限の能力を発揮できるような仕組みづくりを推進します。具体的には、女性社員、障がい者、シニア社員など、どんな人もそれぞれに活躍できる環境づくりを積極的に実施します。また、グローバルな人材採用にも取り組んでいきます。

5. ハラスメント防止

セクシャルハラスメント(性的な差別や嫌がらせ)/パワーハラスメント(優越的な立場を利用した理不尽な要求や嫌がらせ)などのハラスメント対策を徹底し、差別や嫌がらせのない職場環境の維持に努めます。

6. 法令遵守/健康管理重視

労働基準法、労働安全衛生法など労働関連法令を遵守し、社員全員にとって働きやすい健康的な職場環境の維持に努めます。また、社員の生活習慣改善やメンタルヘルスのサポートなど健康増進施策を積極的に実施し、社員の心身両面にわたる健康を損なうことのない職場環境をつくっていきます。

7. 自立/部門間の協業

一人ひとりが常に自ら問いかけ/確かめ/考えながら業務にあたります。全社的な目標を共有し、部門の垣根を越えて協力し、グループ全体の成長を目指します。

8. 責任感/コミュニケーション

一人ひとりが責任感を持って業務にあたり、他人任せにせず、自らが先頭に立って行動します。常にコミュニケーションを大切にし、積極的に声をかけあい、助け合いながら、チームワークで目標の達成を目指します。

株主NIDグループは、株主・投資家の皆様へ積極的に情報開示します。健全な財務体質を維持し、成長に向けた投資および安定した配当を行いながら、長期的に株主価値の増大に努めます。

1. 積極的な開示

株主や投資家との対話を大切にし、正しい理解と評価を得るため、積極的な開示を行います。

2. 株主総会の適切な運営

会社の最高意思決定機関である株主総会を適正に運営し、説明責任を果たします。

3. 会計コンプライアンス

企業統治と内部統制に関する規則や法令を遵守し、適正な会計処理を行います。

4. 中長期的な株主価値向上

成長に向けた投資と、持続的・安定的な株主の皆様への利益還元を両立しながら、会社資産を最大限に活かし、長期的な株主価値の向上に努めます。

5. インサイダー取引排除

インサイダー取引およびその恐れのある行為は、行いません。

社会NIDグループは、事業を通じてより良い社会の実現を目指します。法令遵守・環境保全・有益な貢献活動を重視し、社会からの信頼獲得に努めます。

1. CSR(企業の社会的責任)を強く認識した行動

社員一人ひとりが、高い倫理観と良識に基づいて、社会に信頼されるためにCSR(企業の社会的責任)を強く認識した行動を心がけます。

2. 法令遵守

各種法令、社会規範、社内外の各種規則やルールを遵守し、公正で良識ある企業活動に努めます。

3. 環境保全

企業活動の内外において、すべての資源が有限であることを強く意識しながら将来にわたって環境保全に努め、循環型社会の実現に向けて取り組みます。

4. 反社会的勢力への対応

反社会的勢力へは断固たる姿勢で臨み一切の関係を遮断します。また、一般社会から不透明な交流と疑われるような関係も決して持ちません。

5. 社会貢献/地域貢献

事業を行う地域社会の一員として、地域との交流を積極的に図り、その発展に貢献するため、社会貢献活動に積極的に参加します。

6. 適正な納税

企業として事業を行い、社会に還元できるひとつとして税があると認識し、税に関する正しい知識を身につけ、適正な納税を行います。

取引先NIDグループは、公平・公正で透明性の高い取引を継続的に実施します。顧客の期待に応えられるよう、ビジネスパートナーとして取引先の皆様と共に相互発展していきます。

1. 相互発展の精神

取引先の皆様は、私たちが顧客の期待に応えるために欠かすことのできないビジネスパートナーです。対等なパートナーシップを築くため、取引先の皆様と密接なコミュニケーションにより継続的な信頼関係を育み、健全で長期的な相互発展を目指します。

2. 法令遵守

派遣法/下請法などの各種法令、社会規範、情報セキュリティをはじめとする社内外の各種規則やルールを遵守しながら、事業活動を共に継続します。また、取引先の皆様と共に遵法意識向上のための教育/啓発/情報共有などの施策を継続的に実施し、相互啓発に努めます。

3. 公平・公正な取引

取引上重要視している指標としては、「要求を満たす品質/競争力のある価格対応力/納期の徹底」を重要な基準とし、フェアで継続的な関係を構築する事を前提として、相互発展できる関係を構築します。

4. 節度ある関係

取引先の皆様から社会常識を超えた接待や贈答などは一切受けません。また、個人的な利害関係は持ちません。

5. 機密厳守

取引先の皆様から提供された個人情報、営業秘密は、了解なく社内外を問わず関係者以外に公表しません。