MENU
お客様と一緒に作り上げたシステムが、
お客様の業務に役立った時が一番嬉しいです。
C.S.さん
ICTソリューション部
ICT佐原センター 第2課
平成30年入社
文理学部 数学科 卒業

Q1入社年度と専攻について
ICTソリューション部 ICT佐原センター 第2課
平成30年入社
文理学部 数学科 卒業
大学では代数学という分野を学んでいました。プログラミングに関する勉強はしていませんでしたが、内定後にいただいた教材を読むことでプログラミングへの不安なく入社できました。
Q2 就職活動を振り返って、そのときの様子と、入社の動機について教えてください。
はじめはIT業界ではなく様々な業界・企業を見ていきました。説明会は15社、採用試験は5社程度。就職活動をしていく内に技術を身につけたいと思い、地元の千葉県のIT企業の中でも歴史のあるNID・MIにしました。創業50年以上という安定した経営の一方で、自社プロダクトの開発などで新しいことにも取り組んでいく姿勢に魅力を感じ、それが決め手となりました。
Q3 入社を決めたとき、ソフトウェアについて、どのような将来性を感じましたか。
AIやIOT、ビッグデータなど、新たな技術分野の市場の拡大を感じ、今後もソフトウェアがますます発展し、開発のしやすさ、扱いやすさなど、広く一般に普及していくのではないかと感じていました。
Q4 現在の仕事について、具体的に教えてください。
自社の新しいプロダクトの開発に取り組んでいます。プロダクトの内容は社外秘のためお話できませんが、新型コロナウイルスによる社会の大きな変化、とりわけIT導入が進んでいなかった業界でもIT導入が必要になったことを受け、そのような業界で既存の業務をより効率的に、革新的な変化をもたらすプロダクトを開発しています。
Q5 入社後、新たに発見した事や、 冷や汗をかいた経験など、教えてください。
お客様のシステム開発を通して、様々な業界、業種の業務内容を知ることができました。就職活動時に業界研究等を行いましたが、社会には知らない仕事が多くあることに衝撃を受けました。全く異なる業界の業務内容を把握、理解することは難しいですが、とても面白いです。
Q6 これまでに仕事をしてよかったなと思えるエピソードは?
お客様に感謝の言葉をいただいた時です。お客様と一緒に協議しながら作り上げたシステムが、お客様の業務に役立った時が一番嬉しいです。
Q7 仕事や会社生活の中で、上司や先輩たちとのコミュニケーションはいかがですか。
コミュニケーションはとても活発だと思います。業務中の報連相はもちろんのこと、業務外でも上司や先輩社員と気軽に話せる環境なので、興味のある技術や開発手法についてよく雑談しています。
Q8 現在、仕事のやりがいは何ですか。
お客様に役立つシステムを作ることです。システムはただ作るだけでは意味がなく、人に使ってもらえて初めて意義があると思うからです。
また、お客様が現在持っている課題に対し、様々な解決法を考え、その中から最も適切な答えを導く過程にもやりがいを感じます。
Q9 これからやってみたい仕事や抱負について、教えてください。
開発技術、とりわけクラウド関連の技術を身に着けていくことです。現在の業務にて、知識があればもっと効率的に開発できたと感じることがあるため、これらを解消できるよう学んでいきます。
Q10 休日の過ごし方は?
以前は社内のクラブ活動に参加したり、友人と出かけることが多かったです。新型コロナウイルスの渦中は家で映画やドラマを見て過ごしていました。
Q11 入社前に不安に感じていたことは?その不安は入社後どうなりました?
言葉遣いや電話応対といった社会人としてのマナーや、上司や先輩社員とのコミュニケーションに不安を感じていました。
マナーについては入社後3か月間の研修で教えていただき、不安は解消しました。また、コミュニケーションは入社後すぐに社内のクラブ活動に参加し、先輩社員の方達と知り合うことで不安を解消しました。
Q12 最後に、NID・MIを一言で言うと・・・。
ヒューマンウェア。
人の雰囲気がよく、とても働きやすい会社だと思います。

先輩社員インタビュー

お問い合わせ